2015年8月24日

予測不能のトラブルに備える「かかりつけ弁護士」の必要性

そもそもなぜ、弁護士に依頼する必要があるのでしょう

弁護士がもたらすサービスを受けるメリットは大きく3つあります。一つ目は、端的に「弁護士がトラブルに介入することで、より有利な解決が得られる」ということです。二つ目に、「トラブルに陥った当事者に対して、程よい絶妙の距離感で接することによって、弁護士にしかできない適切な解決を図ることができる」のです。三つ目に、法的なアドバイスを受けるのは当然ですが、「生活の総合カウンセラーとして、それ以上に広い範囲でプラスアルファのメリットがある」のです。

弁護士に依頼しなかった場合では何が違うのでしょう

絶対に弁護士に依頼した方が良い紛争のケースに交通事故があります。自動車保険によって、どれくらいの金額が支払われるかは、弁護士に頼んだ場合と頼まなかった場合では、かなり異なってくるのです。保険会社が最初に提示してくる金額は、会社が自主ルールで定めている格安の金額です。交通事故において支払われる保険金の内訳のチェックで漏れがないか調べなければなりません。決定的なのは、支払われる基準が保険会社と弁護士では、同じ事実でも評価が違うことがあるのです。

人間関係のストレスを癒してくれるのです

人が一番ストレスを感じることの一つに人間関係があります。特に親族や知人など、一定の人間関係のある人とのトラブルや争いごとになったときには、普段の何倍ものストレスがかかります。そのような時に、自分の味方として、弁護士の存在があることは大きな心の支えになります。法的な争いはほぼ存在しないにもかかわらず、人間関係がこじれてしまって、手続きがうまく進まないというトラブルは世の中に案外多いのです。このような時に、弁護士が介入することでスムーズに解決できることがあるのです。

家庭内の問題が勃発したならば、鹿児島の弁護士に連絡を入れるべきです。実績が豊富ですから、ただちに解決してもらえます。